2012年05月30日

わが母の記










「わが母の記」感想


★★★☆☆

井上靖さん原作の同名小説を映画化したもの。
私は小説を読んだ事が無いのでこいつ何小説読んでないくせに語ってんだよこの頭でっかちの童貞と罵りながら冷たい視線を向け見てやってくだアアアッン♥(*´д`*)モット激しく!!♥

はい。正直印象に残る映画では到底無かったです。
1500円の価値があったかと問われれば400円位だったら見るか、なあ?位の感じでした。
何かが悪いと云う映画では無く、いや、決定的にBGMとかBGMとかBGMとか悪いところはあるんですけどつまらない!というポイントはありません。だから人を選ぶ映画なのかもしれない。
親が痴呆状態になっている方や、介護に少しでも携わった事のある方におすすめかもしれません。
(見ている方も平均年齢45)

樹木希林さんの演技はスゴいです。たまに台詞が何言ってるのか全く解らないのが余計リアル。
逆にお名前は存じ上げませんが、お父さん役の方は微妙でした。
基本的に穏やかな方なのですが何時怒り出すのか解らない辺り、途中で娘さんが発言していた「作家としてのお父さんと、家族としてのお父さんは~~」って所に関係があるのかなとは思いましたが座り方や、鞄へのわさびの入れ方等に統一性を感じませんでした。
少なくとも一人の人間だとは思えない。父親って、そういうものかもしれませんが。
ので当然介護に携わった事の無い上に、その様な主人公なので感情移入の行き場に悩みます。

「俺は捨てられたも同然だからな」
という言葉をこの映画中で何回言うのかと数えたくなる程呟いていた主人公ですが、捨てられたというか置いてかれた理由は予想通りで解りやすいな~と思います。家族関係が最初理解出来なくて、え?????ってなる位でストーリーは簡単。

予告を見るとおばあちゃんについて深く触れられていく家族愛のストーリーと云ったイメージですがそんなことは全くありません。
一つのこういう家族があって、こういう人生をそれぞれ過ごしていきました~~っていうドキュメンタリーを見せられている気分。

まあそこまではいいんです。


いいんです。




 い い ん で す 。


BGMお前どうしたよ。

何でクラシック選んだよ。
えーーなんていうかなんていうか。
ハワイ留学とか、西洋文化を取り入れている家族の話だからクラシックでも良いです。
そこじゃないよね。

おばあちゃんが沼津に向けて逃走決めた後、親子が沼津の浜で向き合うシーンやばい。
くっそわろたwwwwwwwwwwwwwwwwwww
BGMwwwwwwなんか突然かかりだしたうぇっwwwwwwwwwwwwwwww合ってないwwwwwwwwwwwwwwww
しかも音量大きいからBGMの違和感がwwwww違和感が仕事しすぎてるwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
やめたげてよおwwwwwww見てるこっちが恥ずかしい…すごく…恥ずかしい……
このシーンだけ客席の一体感が異常だった。後ろのおじいちゃんが「あってないね」とぽそっと呟いたのが笑った。

全体的にBGMがひどかったです。

夜中には「あれ?今日何してたっけ?」と本気で思った程度には印象薄いです。
金曜ロードショーでやってたら観るかと聞かれたら、作業用BGM用で観るかもしれない。娘さんかわいいし。



Posted by 白玉黒玉 at 22:26│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。